千秋楽。

《ボク達の鹿芝居2011らくだ》、無事打ち上げと相成りました。


落語家が集まってやる芝居のことを、ハナシカの芝居→鹿芝居といいます。
この土日、昼夜公演で計四回、なかの芸能小劇場にて打っておりました。

落語の「らくだ」を元にしたホンで、私はしみったれの因業大家役。
ジジイ具合や因業っぷりには、わりと評価をいただいております。

座頭が文左衛門師匠で、他に丈二師、ロケット団のお二方、一之輔さん、こみちさん、小んぶさん。
各演者が好き放題やるのを、恩田えり師匠の三味線と玉々丈さんの鳴り物が支えてくれました。
文左衛門師のお弟子さん、ほる門君も照明で活躍。
それに回替わりで豪華ゲストが加わりましてね、とにかく楽しゅうございました。


みんなすげーよ。おもしれえよ。


稽古はけっこうたいへんでしたけどね、幸せな時間を過ごさせていただきました。

御来場いただいたお客様、ありがとうございました。


ロケット団の倉本さんが、ワタクシ(大家)のおかみさん役でした。すごい眼力。
kura.jpg
バアさん、愛してるよーっ。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

こせん

Author:こせん
柳家小せん
(やなぎやこせん)

落語協会所属 真打になりました
鈴々舎馬風門下

横浜・戸塚出身

FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード